恋愛・出会い

「好き」って何だろう?~男女で差がある?好きの定義とは~

好き 定義 なに

今日は電車乗り間違えませんでした!きりんたんです!

先日遊んだ友達に、突然聞かれました。

「ねえ…好きってなんだと思う?

話を聞いていると、どうやら何をもって「恋愛的に好き」なのかわからなくなりいろんな人に聞いて回っているのだそう。

ぞうさん
ぞうさん
迷子なんだな
嫉妬と理性と本能と愛と別れと自己嫌悪と〜嫉妬は理性と本能の狭間で渦巻く〜どうも、きりんたんを愛してやまないぞうさんです。   私はこれまで基本的に嫉妬をしないしされるのも嫌いな人間でした。    ...

一緒にいて安心できる・楽しい

好き 意味 定義

友達が聞いて回った結果一番多かった答えがこれ。

確かによく聞く決め手ですよね。

今きりんたんもぞうさんと一緒にいて、安心できる・楽しいというところから「好きだなあ」と思うことはよくあります。

ただこれを聞いて友達が納得できないポイントは「友達だって一緒にいると楽しくて安心できる子はいる」ということ。

恋愛の感情なのかな?ということを確かめるには少し弱いのです。

守りたいと思う/尽くしたいと思う

好き 男女 定義

これは男性から聞いた意見のようです。

「この子を守りたい、俺が守らなきゃ」と思ったら恋だなあと思うそう。

女側は尽くしたいと思ったら、が当てはまるのかな~?ということでしたが

「尽くしたい!」って思う場合って恋愛感情なのかちょっと微妙なところではないかときりんたんは思ってしまうのです。

「守りたい」の感情はおそらく、人生の壁に当たったときに一緒に考えていきたいとか、一緒に家庭を作って生きていきたいという感情だと思います。

それは「相手に何かしてあげる」わけではなく、「自分が努力する」という行動に繋がるものだと思います。

しかし「尽くしたい」となると、本来相手がやるべきことすら担うほうへと進んでいくことが多いのではないでしょうか。

家事を負担する、お金を貸す、相手の都合のいい時に会うように我慢する…そういうところまで行ってしまうと、周りで見ている人間は「恋してるね」とは言いづらいですよね。

守りたいはまだしも、尽くしたいと思うことは必ずしも恋愛感情ではない気がします。

ぞうさん
ぞうさん
「尽くしたい」は一方通行感を感じるなぁ

自分がメンヘラになってしまう

好き 何 定義

これは意外と男女とも聞くことが多かったようです。

今何してるんだろう?なんで返事遅いんだろう?なんでSNSで私のこと自慢してくれないんだろう?

ぐるぐる考えて具合が悪くなることって、恋愛をしているとよくありますよね。

これはきりんたん的にも恋愛してるなあ、と思ってしまいます。

きりんたんは小学生のころちょっと恋愛して「片思いでキャッキャしてるくらいが一番楽しいな。恋愛って深くなってくるとしんどいんだな。もうしたくねえな。」と思った記憶があるくらい。

きりんたん
きりんたん
そしてそのまま21年彼氏なし

ちょっと不安になって泣いてしまったりしても、それを相手に相談できるならいいと思うのです。

そしてそれを相手が真面目に聞いてくれるかどうか

きりんたん
きりんたん
聞いてくれないならきりんたんに教えてください。小指をタンスの角に1週間連続で打ち付ける呪いをかけます。

ただし死にたくなるほどつらいとか、自傷他害をしそうなほど思い詰めてしまうのならその相手は自分にとって害のある人間です。

将来を考えられる

好き 定義 男女

これもよく聞くところでしょうか。

「ああこの人と毎日一緒に寝て起きてすごせたらいいな、いつかは子供ができるかも…」なんて妄想をしちゃうなら十中八九恋ですよね。

この妄想ができるということは

  • 結婚しても仲良くいられそう
  • 経済的に苦労もしなさそう
  • 家事も分担できそう
  • 毎日顔を合わせるのが苦じゃない

こういう要素も含んでいると思うので、その時点では依存の関係にもなさそうです。

きりんたん
きりんたん
世の中には結婚後豹変する人もいるって聞くから難しいけど。

あらゆるものを相手に結びつけて考えてしまう

好き 何 男女

これはきりんたんの考えです。

買い物をしているときにおいしそうなものを見つければ

きりんたん
きりんたん
これぞうさん好きかな~知ってるかな~買っていこうかな~帰ったら聞いてみよう

と思いますし、服屋さんを見れば

きりんたん
きりんたん
ネクタイあげたいな~あの服似合いそうだな~私この服着たら褒めてくれるかな~

と思ってしまうわけです。

ぞうさん
ぞうさん
嬉しい!!!!!

色々なものの基準が「ぞうさんも好きかな?」になっています。

こういうのも恋だなあと思いますよね。

貢ぐことで気を引き留めようとかで気に入りそうなものを選んでいるのではなく、何見ても勝手に「ぞうさんはどう思うかな?」と思うんですよね。

教えたり買って帰ったりして喜んでくれたらうれしいなあと思うわけです。

きりんたん
きりんたん
ぞうさんは「一緒に選びたいなあ」と言って選ぶ段階から楽しんでくれるので買って帰ることはあんまりないけどね。一緒に買いに行く。

幼いころは「きゅんとする」が明確だった

好き 定義 意味

なんだか小学生くらいのほうが素直に「私あの子が好きだなあ」と思えていた気がしますし、わかりやすく胸がキューンとすることも多かった気がします。

大人になるにつれて色々な恋愛を実際にしたり、周りの人がしているのを見たりすることで心が汚くなってしまったのでしょうか。

キュンとしたりドキッとするようなことを時々やってくる人って、ハマりやすい気はしますが大体ろくでもない人だったり。

きりんたんはキュンとするかどうか以上に、じんわり染みるような幸せを感じられるかのほうが、大人になってきた今では大事な決め手なのかなと思っています。

ぞうさんが思う「好き」とは

恋 好き なに

どうも、ぞうさんです。
 

きりんたんが難しい問題を提起していますが、
ぞうさんもこういったことを考えたり議論したりするのは結構好きです。
 
 

ぞうさん
ぞうさん
というわけで乱入して軽くぞうさんの意見も投げていきます

「好き」の定義を考えていくのあたって

「LOVE」か「LIKE」か

という視点から考えてみたいと思います。
 

「LOVE」とは恋愛的に好きということ(今回の議題)

「LIKE」は人間として好き(議題の「好き」とは違うもの)

 
といった感じでぞうさんは考えています。
 

このLOVEとLIKEの境界線はどこだろうか
というところが肝になるでしょう。
 

LOVEとLIKEの境界線

 
これはいろんな意見が飛び交いそうですが、
ぞうさんは

対象となる人が異性と遊んだりしていると嫉妬するかどうか

というのが1番わかりやすい気がします。
 

例えば男性目線で言えば
好きな女の子がいて片想いしているとします。
 

で、その女の子が他の男とご飯に行ったり、
あるいは他の男子が好意を抱いている噂を聞いたり、
プレゼントをもらっているところを目撃したり・・・

そういう時に心中穏やかではなく、
ソワソワしたりする場合、
それはLOVEの感情なんじゃないでしょうか。
 

LIKEの相手ならその人が好きだとしても
誰とご飯行こうが遊ぼうが何かプレゼントをもらおうが
別に気にならないはずです。
 

それがソワソワして
どちらかというと嫌な気持ちになるなら
LOVE的好意を抱いている証拠になるとぞうさんは思います。
 
 

極端な話し、

今その人にもし恋人ができたら・・・

ということを想像してみてはどうでしょう。
 

それで嫌だと思うなら、
やはりLOVEなのだと思うし、
すぐに行動すべきなんじゃないかな、と。
 

ぞうさん
ぞうさん
僕も速攻で行動したからこそ、きりんたんとこんなに仲良くできていると思う。
マッチングアプリ 出会い 恋愛
きりんたんとぞうさんの馴れ初め①〜出会いはマッチングアプリの「with」〜    どうも、ぞうさんです。   記念すべき1記事目ということで、 今回はきりんたんとの馴れ初めといいますか、 出会い...
マッチングアプリ 出会い with
マッチングアプリ「with」で出会う~きりんたん目線~こんにちは、きりんたんです! ぞうさん目線の馴れ初め記事を読んで、 これきりんたん目線は出会いを求める男性向けと...

恋愛はある意味早い者勝ちだし、
後悔した後では遅いです。
 

好きだと思う気持ちに気付いたら
手遅れにならないうちに行動してみてください。

まとめ

好き 定義 なに

いろんな考え方があって面白いですよね。

絶対正解があるものではないですが、悩んでいる人のヒントになっていいたらいいなと思います。

「恋愛は脳のバグだ」なんていう話もよく聞きますし、周りから見て異常でも、自分自身が幸せならなんだっていいと思います。

きりんたん
きりんたん
辛くて仕方ないとか、誰かを傷つけたくなったらそれは恋だとしてもやめたほうがいいと思うけど。

きりんたんもだいぶぞうさんにしんどい想いをさせてしまったので、

ぞうさん
ぞうさん
やべー脳バグってた。目が覚めた。別れよ。

とならないよう気を付けます…。

同棲 喧嘩 カップル
初?!同棲カップルの喧嘩〜彼女の外泊に対する彼氏の怒り〜どうも、ぞうさんときりんたんです。  喧嘩・・・という感じではないんですけど、 付き合って約3ヶ月半の中で1番大きめの ギスギ...
嫉妬と理性と本能と愛と別れと自己嫌悪と〜嫉妬は理性と本能の狭間で渦巻く〜どうも、きりんたんを愛してやまないぞうさんです。   私はこれまで基本的に嫉妬をしないしされるのも嫌いな人間でした。    ...

ではでは!